内祝いの種類|初めての結婚内祝いで失敗しない方法を紹介!

種類による違い

内祝いの種類によってちょっとした違いが生まれます。違いを知っておけば、恥ずかしい失敗を防ぐことができるのです。どのような違いがあるのか、事前にチェックしておきましょう。

内祝いの種類

贈り物

七五三祝い

七五三祝いの場合、本来であればお返しをしなくても良いとされています。ですが、お返しをする場合であれば、菓子折りなどを利用すると良いでしょう。また、表書きに子供の名前も忘れずに書いておきます。お返しはお祝いの1週間以内に贈りましょう。

就職祝い

一般的に、就職をお祝いすることも多いでしょう。就職祝いの内祝いを贈る場合は、お礼の手紙も添えるのが好ましいと言われています。簡単な手紙で十分です。また、品物の金額は5,000円以内が基準となります。これは、親しい方でも変わりません。

銀婚式や金婚式

銀婚式は結婚記念日の25年目で、金婚式は50年目です。この時にお祝いを貰うことも多いでしょう。銀婚式や金婚式でも内祝いを贈ります。のし紙には、銀婚内祝いや、銀婚内祝いと書きましょう。品物は結婚式の時と同じような品物で構いません。

広告募集中