新着情報

内祝いとは

身内のお祝い

基本的に内祝いとは、身内のお祝いのことをいいます。結婚内祝いなどで、引き出物を頂いたことがある方は多いでしょう。本来は、親類縁者などと喜びを共有するという意味があります。

現在と昔

現在では、内祝いはお返しという意味で贈ることが多いでしょう。ですが、以前はお世話になった方に自主的に贈るギフトとされていたのです。時代によって少し意味が変わってきています。

引き出物として

結婚内祝いの場合は、引き出物として親類縁者に内祝いを渡すことが多いでしょう。その為、基本的に後日内祝いを送る必要はないのです。引き出物を渡していない方には贈りましょう。

色々な種類

お祝い事によって内祝いの呼び方も変わってきます。もっとも有名なのは結婚や出産の際に用いられる内祝いでしょう。また、他にも新築の住宅を祝う内祝いなど、色々な種類があるのです。

ギフトの種類

おめでたいことがあると、内祝いを贈ります。この時にプレゼントする品は様々です。花や食べ物などが有名でしょう。茶器などの器ものもギフトとして用いられます。適切なギフトを選ぶのが大切です。

[PR]

結婚内祝いにはお米がいい!
美味しいおもてなし★

基本的なマナー

レディ

1ヶ月以内

結婚内祝いを贈るタイミングは、基本的に1ヶ月以内です。忘れた頃に届けるのは、マナー違反と言えるでしょう。お祝いの贈物や、お金を頂いてから、1ヶ月以内に内祝いを贈るようにします。

ギフトの金額

一般的に、頂いた贈り物の、半額程度の品物を贈るのがマナーだとされています。これは、半返しと呼ばれるものです。また、頂いた贈り物の3分の1程の金額の品物を贈りましょう。

ギフトの種類

内祝いで贈るギフトについては様々な品物があります。現在では、結婚内祝いで消え物ギフトを贈ることも多くなっているようです。消え物とは、タオルや洗剤、食料品のことをいいます。

消え物ギフト

消え物ギフトの中でも、特に喜ばれるのがお菓子やタオルなどです。少し高級な品であれば、より喜んでもらうことができるでしょう。また、コーヒーや紅茶なども人気のギフトです。

郵送の場合

現代人は忙しく、直接内祝いを渡すことができない場合も多いでしょう。このような場合は郵送で贈るようにします。郵送の場合は顔が見えないので、挨拶状などを必ず添えておくようにしましょう。

広告募集中